2011/3/5 土曜日

講談社インターナショナル~この先

Filed under: books,日本語, — admin @ 9:34:00

講談社インターナショナル関係ニュースは今のところ 英字新聞からのものが多いです。

残念なことに、国内向きの本でも今回の輸出、円高問題に絡んでしまったので、3月18日発売予定の『eリーディング英語学習法、アマゾン、グーグルから電子デバイスまで』が遅れてしまいそうです。

本の発売に合わせて、eリーディングのブログをスタートする予定です。しかしブログのURLは本で紹介しているので、発売が遅れると皆さんに周知できません。なのでここでブログを紹介します。

One Chapter Reading Club

http://minamimuki.com/fun-and-free

是非ブログに尋ねて、仲間としてご参加下さい!

2011/3/3 木曜日

eリーディング   Almost here!

Filed under: — admin @ 19:15:47

『eリーディング英語学習法、アマゾン、グーグルから電子デバイスまで』なんて長い題名の本です。

でも中身はとてもとフレンドリー。著者の気持ちは表紙に書いてあるように「fun & freeにネット上の英文を使いこなそう!」で表されているのかな。

3月18日発売!

2011/3/1 火曜日

入試問題不正〜この答えですぐばれる

Filed under: life in Japan,学校,日本語,翻訳業,英語一般 — admin @ 7:55:07

京都大学の入試問題が試験中にYahooの知恵袋にでたことで世間が騒いでいるが、すぐばれるはず。意味の合った答えなら仕方がないが、この答えは間違っているだけではなく、Google翻訳機能の結果とほぼ一致。受験中の機械翻訳はありえない。

u13788609.jpg

ちなみに、英作文に「正しい」1つの答えが滅多にない。2人の受験生がぴったり同じ答えをだせば、あやしい。

カンニング術に時間をかかないで、英文に時間をかけましょう。

2011/2/24 木曜日

Bilingualism 2カ国語でボケ防止

Filed under: English entries,国際家族,,英語一般 — admin @ 8:43:26

An article in the Daily Yomiuri today, “Speaking 2 Languages Protects the Brain,” reporting an announcement at the American Association for the Advancement of Science, says that bilingualism can delay Alzheimer onset by almost 5 years. The reason is that it keeps the brain busy. (Ellen Bialystok of York University in Canada)

“When you’re speaking, all the languages you speak are turned on…the brain…allows you to limit interference from one language when speaking in the other.”(Amy Weinberg, University of Maryland)

So it takes work to say anything! Speaking in one language means actively not speaking in another one.

“Bilinguals simply acquire specific types of expertise to help them attend to critical tasks and ignore irrelevant information,” explains Judith Kroll, from Penn State University. So this makes bilinguals, or people who merely use more than one language,  better at multitasking, too.

The article ends by saying that the ability to speak multiple languages does not make you more intelligent. That may be the “irrelevant information” I choose to ignore here!

k4013487.jpgk4013574.jpg

2011/2/19 土曜日

出版社のアプリ〜 eブックの挑戦

Filed under: books,cyberspace,life in Japan,日本語, — admin @ 14:54:36

電子本元年の動き。

日本の出版社はアマゾンみたいな電子ブックストアを利用よりも、各自で電子本を売ることにしています。しかし、読みたい本の出版社はどれだかわからないと電子本が買えないのが(1つの)懸念です。

アマゾン等で出版社を調べて、それから出版社のサイトで電子本があるかどうかを見ないと手に入れないでしょう。

学研がスマートフォンやタブレットパソコンのためのアプリを作ったので、とりあえずその様子を見ることにしました。アプリはダウンロードしやすいけれど、本は限られています。ちなみに、著者名や本題名の検索機能はないので、ジャンルごとで全部本を見てみないと何があるかわかりません。

始まったばかり、日本のeブック市場です。これからの改善を期待しています。

canstock1960870.png

2011/2/18 金曜日

草なぎ、翻訳仲間入り

Filed under: books,life in Japan,日本語,,翻訳業 — admin @ 7:53:33

SMAPの草薙剛が韓国のベストセラーを翻訳し、日本で発売しました。

草薙ってどんな文章を書くでしょうか。興味津々。

水島ひろの本のように、きっとこの本、『月の街、山の街』がたくさん売れるでしょう。

人気アイドルの翻訳は成功するけれど、なぜか翻訳家は人気アイドルには滅多になりません。

2011/2/17 木曜日

10,000時間。それだけでいい!

Filed under: books,日本語,,英語一般 — admin @ 17:21:59

先週、マルコム・グラッドウェル 著『天才!成功する人々の法則』を読みました。日本語のタイトルは大げさですが、たしかに天才の法則を教えてくれます。それは、「天才」として知られる人々(音楽であろうが、野球であろうが、なんであろうが)を調べて見ると大体全員が1万時間の練習を積んでいるそうです。著者の計算では10年間毎日まとまった時間を練習すれば、「天才」になれる可能性があります。だから、産まれ持った才能よりは人間の成功は努力にあるらしいです。

(ちなみに4000時間で力はつく、6000時間でかなり上手くできるようになるだそうです。)

さて、今日本屋さんに行って、英語学習の本を調べてきました。たくさんありますね。気づいたのは、よく売れている本の題名には「〜だけ!」「すべて!」「確実!」「しっかり」などが入っています。つまり、この本を買えば=英語ができるようになるという印象です。

k0701706-1.jpg

遠田和子と一緒に作った本(そして、遠田さんが一人で作った本)は上記のような言葉をタイトルに入れないようにしています。自分たちの知識はインスタントでもなければ、1冊の本を読むだけで英語ができるようになることはあり得ないことです。しかし、著者の長年の経験を元に時間をかけて愛情を注いで書いた本を読んでいただいて、英語好きな読者の皆さんが英語の天才になるための1万時間がより効率の良いものであることを願っています。

k0701757-1.jpg

2011/2/10 木曜日

Audiobooks! 英語を聞く!

Filed under: books,cyberspace,English entries,英語一般 — admin @ 17:12:22

My new iPod is keeping me busy. Besides containing all of my Kindle books, there is also an Audiobook app. I paid a big 115 yen extra for the premium version. But there is a free version, too.

Public domain audio recordings can be downloaded with a single touch, for your listening pleasure.

Look forward to further discussion of Audiobooks and other fun & free English sources on the One Chapter Reading Club blog

…coming soon!

k4425056.jpg

2011/2/8 火曜日

Redefining “mottainai” in the new century

Filed under: English entries,life in Japan — admin @ 9:21:33

When I hear someone mumble “mottainai,” I tense up. I’ve got mottainai PTSD. I moved to Japan when the generation that grew up during the war was still in charge, the mottainai missionaries. Translated strictly, “mottainai” means “what a waste.” But it is usually used to mean “Are you out of your cotton-pickin’ mind? How could you even think of throwing that out?”

dog_23.jpg

In the name of mottainai, most gifts received during the Age of Obligatory Gift Giving (roughly 1970-1995) were put in closets–until the closets were jampacked, after which they were stacked against walls, and then against other piles… you get the picture. Schools and churches dipped into stocks of stuff to hold bazaars. Crowds showed up to buy the stuff. You might call it a rearranging of the gifts–people with too many bottles of soy sauce could bring them in and purchase boxes of soap for a low price. And so on. But people without connections to bazaars were left with rooms of stuff, all much too mottainai to give up. All much too old to be of use after about 20 years.

bazaars

Nowadays, though you have to buy your own stuff to keep and not be mottainai. Housewives  buy food for any contingency–especially when on sale. 20 carrots for the price of 3? Why not! Vegetables can conveniently be left for up to a month to re-color in the refrigerator. But woe the person tasked with cleaning it out to make room for new food. And for goodness sake, don’t cut off anymore of those aging carrot tops than is green. A millimeter of orange will have the mottainai police at your door.

I’d like to declare the new century (somewhat belatedly) The Post-mottainai Era. The motto of the post-mottainai generation should be “Don’t buy it in the first place! Don’t take it home even if they’re giving it away!” Instead of chiding people who dispose of the used up and unneeded, stand behind people in line at the cash register, and seethe “mottainai” when a purchase looks unnecessary or excessive to you (use your own standards, don’t be shy). Go up behind the purchaser and ask in a sincere tone, “Are you really going to use all of that? Do you have room for that at home? Shall I carry it back to the shelves for you?”

Don’t worry, no one will consider you a busybody. And you won’t hurt anyone’s feelings because any admonishment is acceptable–it always has been–as long as it is preceded by a low growl of “mottainai!”

k0150830.jpg

Huckleberry Finnと再会

Filed under: books,日本語, — admin @ 7:38:47

散歩中、運転中、台所中、今は全部「The Adventures of Huckleberry Finn」とともに。LibriVox Recordingsからの無料ダウンロードを新しいiPodで聞いています。Mark Twainは昔の作家なので、言葉使いは難しいけれど、ゆっくりした南部なまりの朗読者を聞くと物語とミシシッピー川の風景が浮かんできます。

子ども時代に読んだTom SawyerやHuckleberry Finnは楽しかったが、大人になってから作家のつこみがよりはっきりみてくるので、それも 格別です。

Huckleberry Finn relaxing

次ページへ »
Copyright © , Minamimuki Translations, Ltd. All rightsreserved.
ホームページ制作・ブログ(Blog)制作 メディアプロ