2007/12/29 土曜日

Filed under: travel reports,日本語 — manna @ 17:45:33

iruka2.JPG

頭を使うことは気持ちがいいです。

翻訳も数学も化学も物理も頭を使うから大好きです。

でも、たまには頭を使わず五感を使って楽しむのもいいです。

先日、横浜に行ってきました。

八景島シーパラダイスでは動物と交流。

中華街では中華文化との交流。

耳や目、肌で横浜の風を感じ本当に素敵でした。

そろそろ岩渕デボラがドイツから帰ってきます。

みんな旅路から帰路へ付いたのです。

2007/12/24 月曜日

黄昏の百合の骨

Filed under: 日本語, — manna @ 15:41:45

凄い題名ですよね。

でも、この本、とても好きです。

昨日、読んでいるといった本を読み終わりました。

恩田陸『黄昏の百合の骨』です。

この本が好きな大きな理由は二つあります。

一つは『麦の海に沈む果実』の登場人物「理瀬」が主人公だから。

もう一つは恩田陸、独特の秘密が沢山ちりばめられている構成だから。

理瀬は本人曰く、暗い世界を知るこっち側の人間。

日向を歩くことはない将来を持っている女。

決して少女ではないのです。

どことなく、怖いしかし、憎めない、素直に自分の性格、人間誰しも持っている負の感情を見ることができる理瀬がすきです。

また、恩田陸の本は必ず秘密がいくつもちりばめられています。

だけれど、一番最後の数ページ読めば秘密が解けるわけではないのです。

ページを順に読み進めることで謎が深さを増し、謎が解けたときの感動大きい物へとなります。

肝心なこのストーリーは理瀬の祖母の遺言から始まります。

必ず、祖母が住んでいた家に半年住んでからでないと、この家を解体してはいけない。

それは、この家、そのものに隠された秘密があるからでした。

祖母の義理の娘、梨南子と梨耶子もこのストーリーで大きな役割を果たします。

理瀬は無事にこの謎を解くことはできるのでしょうか?

理瀬の将来はどうなるのでしょうか?

2007/12/23 日曜日

本パラダイス

Filed under: 日本語, — admin @ 16:39:52

kairo.JPG

日々寒くなっていく中カイロは手放せません。

代表取締役のデボラのいるドイツはもっと寒いらしいです。

カイロなしでどうやって日々過ごしているのだろうと疑問があります。

代表取締役の不在中でもスタッフは活発的です。

新たに恩田陸の本を読んでいます。

なぜ恩田陸?

簡単な理由です。

恩田陸好きの友達に私も恩田陸が好きだと言ったら本を貸してくれたのです。

6冊も。

後一冊残すだけになりました。

友達の本に加え・・・

この度前橋市立図書館がなんと一回の貸し出しの本の冊数を変えてくれたのです♪

5冊から10冊!!!

夢のようです。

と言うことで恩田陸の本があったので借りちゃいました。

東野圭吾の本はもう読んだ物しかなかったのでまた、新しい本が入るのを待ちます。

この様にして日々南向き翻訳事務所のスタッフは喜びを感じているのです。

2007/12/20 木曜日

球形の季節

Filed under: 日本語, — manna @ 16:08:33

またまた恩田陸の作品です。

『球形の季節』不思議な題名ですよね。

これは、ミステリーではなく学園のモダンホラー。

『六番目の小夜子』なら知っている人も多いのではないでしょうか?

これに似ている部分が多いです。

ある東北の地域で学生の間で噂がはやるところから物語が始まる。

内容は様々だけれどキーワードは

「エンドウさん」

「5月17日」

「宇宙人」

「迎えが来る」

「殺される」

「連れて行かれる」

などなど。

これらの、言葉が入った噂が流れる。

この噂の出所を突き止めようとした男女4人。

しかし、噂の真相を突き止める前に5月17日に遠藤志穂が行方不明に。

そして、新たな噂が流れた。

今度は「サトウさん」「7月14日」がキーワード。

そして・・・

7月14日に体育教師に道に突き飛ばされた佐藤保が車にひかれた。

謎を探るべく4人はその地域の高校でアンケートを実施。

噂の内容は?

誰から噂を聞いたのか?

誰に噂を話したか?

誰に噂を聞いたかたどっていけば一番初めの人にたどり着くと考えたのだ。

しかし、謎解きは難航するばかり。

同じ時期に急に金平糖のおまじないが始まりだした。

金平糖が町中にまかれる。

なぜ金平糖なのか?

なぜまかれているのか?

真相は恋を叶えるおまじない。

しかし、その真相の裏にある真実。

事件は思いもよらぬ展開集結を迎えました。

何も起こらない、何もない田舎。

そこで満足する人々。

不満を抱える人々。

そこから起こっていく事件。

事件は誰がどうして起きたのでしょうか?

そして、真相を突き止めた四人にはそれぞれの集結が待っていたのです。

2007/12/18 火曜日

『麦の海に沈む果実』

Filed under: 日本語, — manna @ 9:43:14

mannapapa.jpg

再び恩田陸の作品についてです。

今回は学園ミステリー『麦の海に沈む果実』

この作品、前回読んだ『三月は深き紅の淵を』とストリーの繋がりがありおもしろいです。

内容は3月の国に2月に入学してきた主人公、理瀬のお話。

理瀬は実は記憶喪失。

学園でなぜ人々が疾走していくのか?

理瀬はなぜ記憶をなくしたのか?

3月の国なのになぜ、理瀬は2月に転入してきたのか?

理瀬自身も分からない彼女の本当の正体とは???

理瀬の親友としてでてくる憂理は別の本『黒と茶の幻想』の中でもキーパーソンとなっています。

本当に何が起こるか分からない面白いストーリーです。

キャラクター1人1人も個性的で強烈です。

記憶を取り戻した瞬間理瀬の人間性が一気に変わるのも見所です。

ずっと、理瀬の視点で描かれているのでまるで別人が主人公になった感覚、別の本になった感覚に陥ります。

そして、それが心地良いから不思議。

恩田陸マジックです。

一番上の写真、関係ないようで関係あるのです。

『麦の海に沈む果実』のキーワードになってくるのが

父と娘。

と言うことで親子の写真を載せました。

2007/12/16 日曜日

南向き、ドイツへ行く!

Filed under: 日本語 — admin @ 17:54:24

この度、南向き翻訳事務所取締役(一人だから代表はいません)がドイツへ研修旅行に行くことになりました。

なぜドイツ?もしかしてただの「旅行」?と思っている人はいるでしょう。

まさか!そんなことはありません。名刺をかばんにしっかり入れて、ドイツ人の和英英和ニーズを探ってきます。

通訳は取締役の妹レベカです。ガイドは姪のヘレンです。レベカはアメリカのアイオワ州より、ヘレンは留学先のモスクワより。みんなでフランクフルトに集まります。待ち合わせの場所はこのような指示に従って探します。「フランクフルトのメインの駅前です。左に向かって、白い旗が2階にかかっています。間違えなく見つかります。」とても心強いです。

仕事をしている「合間」、電車に乗って、ベルリンやプラハを見物する予定です。時間があればとのこと、もちろん。

南向き翻訳事務所はといえば、取締役代理のまなフランシスが当番をしています。英和と和英訳は小川さんと取締役代理が承ります。メールでも電話でもどうぞ。

temporary head of operationsBonafide college graduate

Broadening my horizons–a trip to “the old country”

Filed under: English entries,life in Japan,travel reports,翻訳業 — admin @ 15:12:49

A mid-summer suggestion from my sister is about to come to fruition! I’ll be leaving in a few days for my first trip to Europe. My sister (Iowa), niece (Moscow) and I (3 guesses) will be converging from around the globe to meet in Frankfurt Germany. I have a plane ticket (which I paid for at a Seven-Eleven and printed out at home) and directions to a youth hostel that say: “We are located in Kaiserstrasse, directly opposite the front of Frankfurt main train station (Hauptbahnhof). Underground S8/S9. Stay & Learn Residence of Language Alliance is 100m on the left–There’s a big white flag hanging from the balcony of the 2nd floor, so you can’t miss us.” Here’s hoping they don’t decide to change flags for the holiday season.

While I’m away, the second-in-charge will be answering the phone and responding to e-mail.

temporary head of operations

It will be interesting going to a foreign country where a lot of the people look like me and some of whom I might actually be related to!

2007/12/10 月曜日

Zen and “Simple Aqua Aerobics”

Filed under: English entries,life in Japan,翻訳業 — admin @ 9:02:56

As I have mentioned, a new gym has opened up in our neighborhood. It is staffed by a small army of youth that greets members with a smile, answers questions, cleans up, AND runs short exercise programs in the pool and gym studio. I have become addicted to these programs, especially the ones in the pool. I have the schedule on the wall here and check it several times a day, planning the rest of my activities around it. Yesterday I chose “Simple Aqua Aerobics.” Simple for who? I ask. But the trainer is a young woman in her early 20s without a ripple of fat anywhere. She demonstrates the moves pool side, sweating profusely, but tirelessly encouraging us on. She sounds like me in my English classes: “Good!” “OK!” “Let’s go!” Since I can’ t make out much else she says through her microphone because of serious competition with the music on the loudspeaker, I just keep my eyes glued and try to faithfully reproduce every movement. My body is busy, but my brain is not. When it’s over, my brain turns on again, and I am able to get myself out of the pool and into the bath on my own.

I’ve found exercise to be a necessity for someone like me who works either sitting down or standing up, and not a lot of motion in between. I have tried walking, and get some of my best ideas on a brisk turn around the neighborhood, but recently my brain is tired. I don’t always want to have an original thought. I don’t necessarily want to spend quality time with myself.

That’s why I love my gym programs, simple or not, and will continue to attend. Pamela Uchida claims that the emptying of the brain in this way is very zen. It takes some imagination to get zen out of cute instructors of both genders in very tight outfits with disco blaring in the background, but I see what she means. Maybe we could call it 21st century zen. I’ll mull it over later, perhaps during a short stint in one of the massage chairs in the “relaxation room.”

the gym is also good for other professions…

2007/12/9 日曜日

Photos of Owls in Japan, Children in Bhutan

Filed under: English entries — admin @ 10:22:03

Please check out Yoko Yoshizawa’s “many moons” blog for her latest photos of owls that she found on Mt. Fuji and scenes from Bhutan. I’m adding her happy hippo here because I miss seeing it because it’s so far down on my blog (Oct. 22).

ms. hippo lent especially for this entry

2007/12/7 金曜日

“Crossfire” review in Japan Journal by Janine Beichman

Filed under: English entries, — admin @ 18:23:28

Professor Janine Beichman, a professor of Japanese literature and downright lovely human being wrote an extensive review of Crossfire in the September issue of The Japan Journal. If you click on the link, you’ll get the full review. The magazine itself also carried lovely photographs of both author Miyabe Miyuki and the Crossfire cover.

The best part, though–the part Anna and I would dearly love to have you read–was her remarks on the TRANSLATION and the TRANSLATORS, and I will provide them for you here:

“Deborah Stuhr Iwabuchi and Anna Husson Isozaki, the translators of Crossfire, are American teachers and translators who live in Japan. They are a notable exception to the rule that literary translation usually works best when done alone. The passion and painstaking care lavished on this excellent translation show in every line, and I look forward to future works from their partnership.”

As a translator, I (at least) tend to second-guess what I have done–especially after it’s too late to change anything. But there was passion and painstaking care lavished on every line of Crossfire. We have never met Ms. Miyabe in person, but if we ever do, and if she asks, we can tell her without a doubt that her book received the most loving of tender loving care. And we would also like to express our appreciation to Ms. Beichman for the loving care she poured into her detailed review.

After she contacted us to ask questions for the review, Anna and I discovered a wonderful poem Ms. Beichman had translated and that was also available online. By all means take a look. The poem and story included hold a special meaning for those of us who have been in Japan a long time.

(see also Devil’s Whisper by Miyabe Miyuki!)

次ページへ »
Copyright © , Minamimuki Translations, Ltd. All rightsreserved.
ホームページ制作・ブログ(Blog)制作 メディアプロ