2008/1/28 月曜日

最近気づいたこと〜「自分」

Filed under: life in Japan,日本語,翻訳業 — admin @ 19:26:35

「自分に気づいた」わけではありません。これはself-discoveryの話ではないです。

昨日のスポーツニュースにゴルフ天才の石川遼 (はにかみ王子)が自分のことを「自分」と言っていました。

そういえば、最近、男の人が前よりこの言葉を使うようになったなと思いました。最初に聞いた覚えがあるのは何年も前。うちの「パソコン 王子」が使っていました。最初はほかの人のことを言っていると思って、さらに聞いているうち、自分のことを自分と言っているとわかりました。その次、庭師が使っているのを覚えています。そしてその庭師の弟子も。何年にわたって3回ぐらい。

でも最近はよく聞くような気がします。日本人のネーティブの皆さんはどう思いますか。「俺」とか「僕」の代わりではないでしょうか。「俺」と「僕」の向こう側には「君」と「おまえ」がひそんでいるので、なかなかyouとmeの世界からきたわたくしにとって受付にくいのです。「自分」は「人間はみんな平等です」の考えに近づいてきたと信じたいです。(夢でないように祈っています!)

さて、岩渕家ではどうでしょうか。夫婦はお互いを呼び捨てにしていますが、代名詞になると彼は「僕」派です。そして、知り合った時から、私のことを「you」とよんでいます。面白いでしょう。ジャニーズ事務所のジャニーさんより20年も早かったですよ。なかなか素敵でしょう。

http://lovetosew.wordpress.com/

New Dictionary Entries: Translation Nerd at Play

Filed under: English entries,翻訳業,英語一般 — admin @ 14:31:52

I am a great fan of the Kenkyusha Online Dictionary, and I keep it open while I work. Not only is it less cumbersome than an enormous analog dictionary, but the accommodating people at Kenkyusha are always adding new words to it. All that and I can subscribe to it for years and still not pay as much as I would for the heavy-duty doorstop versions. Today as I was doing a small amount of uninteresting work, I was distracted by a little “newsbar” on the KOD top page that was running samples of some of their latest entries.

不思議ちゃん

I couldn’t resist. I looked it up.

ふしぎちゃん【不思議ちゃん】 外字(fushigichan)
〔何を考えているのかわからない, 一風変わった少女〕 an eccentric [a strange, a spacey] girl; Little Miss Spacey.

And there was more.

こうしょへいきしょう【高所平気症】 外字(k ̄oshoheikish ̄o)
《have》 no fear of heights.

顔写真入り[付き]身分証明書 a photo ID card; an ID with photo.
   

The last one was great because it included so many words all lumped together. You can look them up at one time and not have to bother memorizing the bits and pieces!

2008/1/26 土曜日

「かくれんぼ」日本の絵本の未来!

Filed under: life in Japan,日本語, — admin @ 19:16:07

以前、happy hippoをこのブログ のためにかしてくれた版画家の友達が小学生に美術を教えています。その「弟子」一人がとても小学生だと思えない素敵な絵本を作りました。YokoのブログY’s Galleryに載っていますので是非見て下さい。

ついでにYokoご本人の想像力の証になる写真を見て下さい!錆切った建物がこんなに素敵に見えるとは….

2008/1/25 金曜日

Read About Translucent Tree

Filed under: English entries,,翻訳業 — admin @ 8:10:33

Amazon.com has a description of Translucent Tree by Nobuko Takagi. This is a book I’ve translated, and it looks like it is finally on its way! A must for chick lit lovers (I liked it!)

Translucent Tree

2008/1/22 火曜日

Uchi no Ko–I’m not an animal person

Filed under: English entries,life in Japan,翻訳業 — admin @ 15:54:49

This last week I have been up to my ears in petfood. Translation is a little bit art and a lot bit marketing research. In petfood land, owners like to refer to their in-house livestock as “uchi no ko,” which I have duly translated as “my baby.”

We have a dog.

Arthur such as he is

He has a nice yard to run around in, but he is NOT my baby.

The offspring I delivered personally are too big to be called this, even if it seems apt from time to time.

I finished the petfood report and went out to get some REAL babies. The kind I can relate to. They sit by my side as I work, quietly. Never complain, never fuss.

a baby I can relate tonew baby with smaller brothernew baby with cousin in teapot

So these are my two new babies, alone and with some relatives.

2008/1/20 日曜日

Business as Usual

Filed under: 日本語,,翻訳業 — admin @ 20:00:04

最近ブログの更新はしていませんが、それは久しぶり、そして運が良く翻訳がたくさん入っていますから。私のメーンの収入源の会社が海外に仕事を広げるようになったし、新しい会社の仕事が入っているし、そのほかの会社からも連絡がありました。(その上学校もあります)めでたし、めでたし。

また、面白いこととして、本も一冊翻訳が入りました。今度は大沢在昌著『毒猿ー新宿鮫(2)』です。はじめてのハードボイルド英訳です。チックリット(女性物向きの本)の大好きな私ですが、新宿鮫は結構面白いです。刑事(や犯罪者?)が使う言葉がたくさんでてくるので、新しい言語の勉強ができます。

lots of trees, lots of work

2008/1/7 月曜日

南向き探偵団

Filed under: 日本語,,翻訳業 — admin @ 18:13:59

岩渕ひかりが吉祥寺のステーションビルで『英語「なるほど!」ライティング』を発見できました。

そして嬉しいことに、それが「平積み」になっていました。証明写真をお見て下さい。

“hirazumi” means it’s selling!

2008/1/4 金曜日

Reuters plugs Devil’s Whisper

Filed under: English entries,,翻訳業,英語一般 — admin @ 8:13:22

Reuters writer Elaine Lies has done a lengthy article about Miyuki Miyabe in general and Devil’s Whisper specifically.

Miyabe shows ‘gritty realism.’”

The article goes onto say what we fans of Miyabe in the English world are always thinking:

“The gritty realism may be a selling point even as it contrasts to books by Murakami, Japan’s best-known living author overseas.

Murakami’s books show an idealized Tokyo, one people long for. But his world is not all that real, which may be unsatisfying for some,” said literary critic Masayoshi Shirakawa.”

The article features a large photo of the author accompanied by a large pile of her books. A quick look at my own shelf confirms that she is holding Devil’s Whisper in her hands, and Crossfire stands out nicely in the pile of Japanese language titles. There is no mention of the translator, but since they quoted a line out of the book, I’ll take that as a compliment.

Copyright © , Minamimuki Translations, Ltd. All rightsreserved.
ホームページ制作・ブログ(Blog)制作 メディアプロ