2011/3/5 土曜日

講談社インターナショナル~この先

Filed under: books,日本語, — admin @ 9:34:00

講談社インターナショナル関係ニュースは今のところ 英字新聞からのものが多いです。

残念なことに、国内向きの本でも今回の輸出、円高問題に絡んでしまったので、3月18日発売予定の『eリーディング英語学習法、アマゾン、グーグルから電子デバイスまで』が遅れてしまいそうです。

本の発売に合わせて、eリーディングのブログをスタートする予定です。しかしブログのURLは本で紹介しているので、発売が遅れると皆さんに周知できません。なのでここでブログを紹介します。

One Chapter Reading Club

http://minamimuki.com/fun-and-free

是非ブログに尋ねて、仲間としてご参加下さい!

2011/3/1 火曜日

入試問題不正〜この答えですぐばれる

Filed under: life in Japan,学校,日本語,翻訳業,英語一般 — admin @ 7:55:07

京都大学の入試問題が試験中にYahooの知恵袋にでたことで世間が騒いでいるが、すぐばれるはず。意味の合った答えなら仕方がないが、この答えは間違っているだけではなく、Google翻訳機能の結果とほぼ一致。受験中の機械翻訳はありえない。

u13788609.jpg

ちなみに、英作文に「正しい」1つの答えが滅多にない。2人の受験生がぴったり同じ答えをだせば、あやしい。

カンニング術に時間をかかないで、英文に時間をかけましょう。

2011/2/19 土曜日

出版社のアプリ〜 eブックの挑戦

Filed under: books,cyberspace,life in Japan,日本語, — admin @ 14:54:36

電子本元年の動き。

日本の出版社はアマゾンみたいな電子ブックストアを利用よりも、各自で電子本を売ることにしています。しかし、読みたい本の出版社はどれだかわからないと電子本が買えないのが(1つの)懸念です。

アマゾン等で出版社を調べて、それから出版社のサイトで電子本があるかどうかを見ないと手に入れないでしょう。

学研がスマートフォンやタブレットパソコンのためのアプリを作ったので、とりあえずその様子を見ることにしました。アプリはダウンロードしやすいけれど、本は限られています。ちなみに、著者名や本題名の検索機能はないので、ジャンルごとで全部本を見てみないと何があるかわかりません。

始まったばかり、日本のeブック市場です。これからの改善を期待しています。

canstock1960870.png

2011/2/18 金曜日

草なぎ、翻訳仲間入り

Filed under: books,life in Japan,日本語,,翻訳業 — admin @ 7:53:33

SMAPの草薙剛が韓国のベストセラーを翻訳し、日本で発売しました。

草薙ってどんな文章を書くでしょうか。興味津々。

水島ひろの本のように、きっとこの本、『月の街、山の街』がたくさん売れるでしょう。

人気アイドルの翻訳は成功するけれど、なぜか翻訳家は人気アイドルには滅多になりません。

2011/2/17 木曜日

10,000時間。それだけでいい!

Filed under: books,日本語,,英語一般 — admin @ 17:21:59

先週、マルコム・グラッドウェル 著『天才!成功する人々の法則』を読みました。日本語のタイトルは大げさですが、たしかに天才の法則を教えてくれます。それは、「天才」として知られる人々(音楽であろうが、野球であろうが、なんであろうが)を調べて見ると大体全員が1万時間の練習を積んでいるそうです。著者の計算では10年間毎日まとまった時間を練習すれば、「天才」になれる可能性があります。だから、産まれ持った才能よりは人間の成功は努力にあるらしいです。

(ちなみに4000時間で力はつく、6000時間でかなり上手くできるようになるだそうです。)

さて、今日本屋さんに行って、英語学習の本を調べてきました。たくさんありますね。気づいたのは、よく売れている本の題名には「〜だけ!」「すべて!」「確実!」「しっかり」などが入っています。つまり、この本を買えば=英語ができるようになるという印象です。

k0701706-1.jpg

遠田和子と一緒に作った本(そして、遠田さんが一人で作った本)は上記のような言葉をタイトルに入れないようにしています。自分たちの知識はインスタントでもなければ、1冊の本を読むだけで英語ができるようになることはあり得ないことです。しかし、著者の長年の経験を元に時間をかけて愛情を注いで書いた本を読んでいただいて、英語好きな読者の皆さんが英語の天才になるための1万時間がより効率の良いものであることを願っています。

k0701757-1.jpg

2011/2/8 火曜日

Huckleberry Finnと再会

Filed under: books,日本語, — admin @ 7:38:47

散歩中、運転中、台所中、今は全部「The Adventures of Huckleberry Finn」とともに。LibriVox Recordingsからの無料ダウンロードを新しいiPodで聞いています。Mark Twainは昔の作家なので、言葉使いは難しいけれど、ゆっくりした南部なまりの朗読者を聞くと物語とミシシッピー川の風景が浮かんできます。

子ども時代に読んだTom SawyerやHuckleberry Finnは楽しかったが、大人になってから作家のつこみがよりはっきりみてくるので、それも 格別です。

Huckleberry Finn relaxing

2011/2/2 水曜日

iPod Touch 毎日新しい機能の発見

Filed under: books,cyberspace,日本語 — admin @ 20:31:05

電子本の研究の関連で、iPod Touchを買ってもらいました。iPhoneより安い上、電話の機能以外はほとんど同じことができる。

キンドルアプリをダウンロード、iBookのアプリもOK。Face Timeで娘と話ができた。Project Gutenburgで本1冊 の朗読をダウンロードして、運転中、調理中読書を楽しんでいます。

さて、今日は来月発売の本の最終作業に入って、忙しくなりました。

そこで、iPodの素敵な機能をもう1つ発見!

iPod as paperweight

文鎮です。

2011/1/10 月曜日

地域翻訳事務所  neighborhood translations

Filed under: life in Gunma,life in Japan,日本語,翻訳業 — admin @ 10:59:43

最近、近場の翻訳依頼や英語関連相談が多くなりました。以前からの大手クライエントに加えて、開業医(診断書、処方箋の英訳)、中小企業(商品カタログ英訳)、国内大学国際科受験生(英語で記入する申し込みのお手伝い)、海外で長期滞在をめざす個人(ビザや留学のための書類審査の相談)、それに素朴な質問(海外からの書類が読めない。これはサギではないでしょうか)の頼み等が続々あります。

日本人が海外にでることが少なくなったとよく聞きますが、それでも行きたい人のサポートは必要です。また、日本人の動向にかかわらず、国際社会が日本に進出し続けるでしょう。とにかく、どんなに小さい相談でも遠慮なく南向き翻訳事務所にご連絡下さい。

(注意:英語宿題代行サービスはお断りします)

no homework!

2011/1/6 木曜日

ポスト廃止 :(

Filed under: life in Gunma,life in Japan,日本語 — admin @ 14:57:00

うちから歩いて20メートルの酒屋さんが去年で廃業しました。酒類のほかに、お砂糖が切れた時とか、醤油がない!とか、夏にはアイスクリーム、宅急便預かり、切手売り等、この25年あまり色々便利に使わせていただきました。

ice creamsugarsoy saucestamps

アメリカから遊びにきた妹は酒屋さんは魔法のように何でもあるお店とちょっとだけ勘違いしたことがあります。

私は廃業の心の準備ができたと思ったが 、先ほどはがきを出しに行ったら、酒屋の前のポストまで廃止になるとの知らせが貼ってありました。

すぐそばのポストなしでこれからの人生はどうすればいいでしょうか。 うちの前に設置でもできないかな。翻訳事務所兼郵便出張所。いいかもしれません。

where’s my mailbox?

2011/1/4 火曜日

お正月の正しい祝い方 The Emperor’s Cup

Filed under: life in Japan,スポーツ,日本語 — admin @ 13:15:00

クリスマスは教会なら、お正月は〜もちろんサッカーです!今年は3回目の天皇杯決勝戦に行きました。応援するチームは3日前に決めるので、券を買う時はもちろん誰がでるかわかりません。でもそんなことどうでもいいです。

券は予約席で「アウェイ」と決めています。なぜなら国立競技場の アウェイ席には太陽が当たります。今年のアウェイチームは清水エスパルスです。ベガルタ仙台のサポーターはJ1で一番まとまりがよいと思っていたが、清水はそれ以上なものでした。歌うだけではなく、各チアに振り付けがついています。そして、パーカッション類も色々あります。試合を無視して、応援団にみとられる時間は多かったかもしれません。

鹿島アントラーズのおしゃれな縞模様の靴下は捨てがたかったが、結果的私たちはエスパルスファンになってしまいました。鹿島が勝った時、ちょっとがっかりしました。 でもいいプレーがたくさん見られて、満足です!

来年のアウェイ、どのチームになるでしょうか。今から楽しみです!

soccer on New Year’s!

次ページへ »
Copyright © , Minamimuki Translations, Ltd. All rightsreserved.
ホームページ制作・ブログ(Blog)制作 メディアプロ