2007/11/5 月曜日

「Always続・三丁目」 (政治的な起承転結のある投稿)

Filed under: 日本語,最近の映画 — admin @ 7:34:28

今日、近くのモールの映画館で「Always続・三丁目」を見ました。以前は洋画以外見る事はなかったけれど、近年、とてもdelightfulな日本映画が増えました。そのセンスの良いところがとても満足いきます(「ラジオの時間」「有頂天ホテル」「笑の大学」「みんなのいえ」等)。

a peaceful view of Mt. Akagi

「Always」の一つの場面で主役が戦争のことを思い出して、死んだ戦友に対しての深い悲しみ、自分だけが生き残った罪悪感に触れます。短い場面ですが、日本の映画にしては珍しいと思いました。(ここからが転結)これはクリントイーストウッドの「硫黄島からの手紙」の影響なのか、と改めて感心しました。”Flags of Our Fathers” と ”Letters From Iwojima”を通して、アメリカ社会と日本社会、それぞれが認めたくない歴史の痛ましいできごとに直面させました。

クリントイーストウッドがDirty Harry等のB級作品を作っている時、だれもが彼が年とってからできた映画がこんなに貴重になるとは想像できなかったでしょう。「Always」のようなほのぼのした作品の中でも、戦争で戦った人の苦しさがあります。日本の「平和の憲法」を変えようとしている政治家に是非みてもらいたいと思いました。

Copyright © , Minamimuki Translations, Ltd. All rightsreserved.
ホームページ制作・ブログ(Blog)制作 メディアプロ