One Chapter Reading Club

fun and free e-reading

eリーディングの世界へようこそ!ここには面白い本・楽しい英語との多くの出会いがあります。

June 7.2014

コレド室町で英語の「お・も・て・な・し」ツアー Touring COREDO Muromachi in English

Today the Japan News had an article on six women from different countries who serve as kimono-clad concierge at COREDO shopping malls in Nihonbashi, Tokyo.

Accounting for about a quarter of the total concierge at the mall, these six are all fluent in Japanese, and capable of helping visitors from all over the world.

event20140517

 

 

 

 

 

 

 

 

On Saturdays, these versatile young women provide tours of the mall and its shops from all over the country. What a great way to get a glimpse at the different regions even if you can’t visit them all.

 Here is the website with times and days for tours. Unfortunately, it doesn’t seem possible to access it from the extensive Japanese websites for the malls.

 The link and more information come from the Nihonbashi website.

English opportunities:

1. Read the online newspaper article

2. Visit the Nihonbashi website  and special website on Saturday tours

3. Go to COREDO Muromachi and meet one of the non-Japanese concierge with a few prepared questions in hand.

4. Take a Saturday tour (reservations required!)

stock-vector-illustration-of-cute-little-japanese-girl-with-welcome-sign-118680052

June 2.2014

アンのゆりかご—村岡花子の生涯

Anne of Green Gablesはカナダの小説家L.M.モンゴメリの作品です。日本では村岡花子の翻訳により『赤毛のアン』として1952年に出版され、以来幅広い読者に親しまれてきました。現在NHKで放映中の連続テレビ小説「花子とアン」は、翻訳家・村岡花子を主人公にしています。そしてこのドラマの原案が、村岡花子の生涯を描いた評伝『アンのゆりかご』(村岡恵理著)です。

私(和子)は少女時代に『赤毛のアン』の大ファンで、L.M.モンゴメリの作品は全て読破していました。今回『アンのゆりかご』を読み、翻訳家・村岡花子の作品への想いや、戦火の中での翻訳、そして出版に至る長い道のりでの苦労について知ることができました。面白かったのは、訳書のタイトルにまつわる逸話です。村岡氏は最初「窓辺に倚る少女」というタイトルを考えていて、編集者が提案した「赤毛のアン」を頑として受け入れなかったということ。しかし娘が「赤毛のアン」を一押ししたため、読者となる若い人の感覚に沿うべきだと気持ちを変え、編集者の提案を受け入れたそうです。物語自身の魅力はタイトルが何であれ不変です。しかし、大正時代のような古臭さが否めない「窓辺に倚る少女」ではなく、現代的で主人公のイメージが鮮烈な「赤毛のアン」が採用されたからこそ、この物語が国民的な知名度を得られたのだと思います。

 

この機に、原書でAnne of Green Gablesを読んでみようかと思う方には、Kindle版がおすすめです。作品はすでにパブリックドメインに入っているので、基本的には無料で読めます。Kindle版だと少しお金はかかります(99円)が、きれいにフォーマットされて辞書機能が使えるのは便利です。赤毛のアン・シリーズ8冊に加え追加の数冊が手に入るコレクション(99円)がお勧めです。

 

『アンのゆりかご』の著者・村岡恵理さん(村岡花子の孫娘)が、翻訳者・通訳者の国際会議IJET25 Tokyoにて基調講演をされます(6月21日(土)10:00-11:30 東京ビッグサイト)。基調講演のみの参加も可能です。一般公開のお申し込みはこちらから

 

May 7.2014

ショートストーリーを読む

英語の原書は「最後まで読めるかな?」と心配な方、ショートストーリ(短編)はいかがでしょうか?

 

私が最近読んだ短編集は、Alice Munro の最新作Dear Lifeです。Alice Munroはカナダ人の小説家で、2013年ノーベル文学賞を受賞しました。Alice Munroの作品は初めてだったので少し不安でしたが、Dear Lifeに納められた短編は一つが数十ページなので取っ付き易いかなと思いました。読み始めると、静謐ながら濃密な筆致で人生や愛が語られていて、一つまた一つと読み進めることができました。短編は少ないページ数で話が完結するので、物語を「読み終えた」という達成感を簡単に味わうことができます。

ただしAlice Munroは純文学の女流作家なので、万人向けではありません。そこで、もう一人のMunroを紹介します。それはスコットランドの小説家Hector Hugh Munro (1870-1916)です。ペンネームのSakiの方が良く知られています。英語の短編と言えば、日本ではO. Henryが有名ですが、SakiはO. Henryに並ぶ短編の名手と言われています。エドワード朝の貴族社会を皮肉るブラックユーモアや、意外性のある話の展開などが特徴です。ほんの数ページの短編も多く、簡潔で読み易い文体の英語です。なにより著作権の切れたパブリックドメインの作品ばかりですから、Kindleストアでは、0円で買えます。私はBeasts and Super BeastsReginaldをダウンロードしました。Project Gutenbergのサイトからも無料ダウンロードできます。

 

Sakiと雰囲気が似ているけれど、より刺激的なのが、Roald Dahlが大人向けに書いた短編です。Roald Dahl(1916-1990)はイギリス人の小説家で, 日本ではCharlie and the Chocolate FactoryMatildaなど児童文学の作品が広く知られています。しかし大人向けの短編も書いていて、皮肉と諧謔に満ちた物語や、時に異様なキャラクタも登場する奇妙でミステリアスな雰囲気の物語が楽しめます。収録している物語により、さまざまなタイトルで短編集が出版されています。

April 18.2014

English Reading Diary

Recently many colleges have introduced Extensive Reading programs for their English students. The idea is that reading large amounts—without stopping too much to use a dictionary—can make English learning quicker and smoother. Students keep track of their reading and submit it to their professors at the end of each semester. Colleges have a large supply of graded readers, etc. for students to borrow, but what can the non-student English learner do?

 I keep a simple diary of my work, reading, and other activities. I’m not good at writing a lot, so I just note actual activities. Some days I have lots of work to do and my hobbies—such as reading and exercise—are ignored. I notice that people, myself included, tend to feel guilty when we don’t accomplish everything we want to. A simple diary is a nice record of accomplishments and a good way to keep track of business and “busy-ness.”

 You can set yourself up for success by using a small pocket diary or a wall calendar with space to write. Reading a few articles a week will quickly fill it up!

写真 2[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

読書日誌の勧め

最近、多くの大学でExtensive Reading (多読)プログラムが導入されています。いちいち辞書を引いて少量の英語を精読するより、多くの英語を読むほうが早くまたスムーズに英語を学べるという考えからです。このようなプログラムでは、大量の貸し出し図書が用意され、学生は読書記録を付けて学期末に担当教授に提出します。学生ならばこのような動機づけを得られますが、一般人はどうすれば良いでしょう?

 私は日々の仕事、読書などの簡単な日誌を付けています。長い文章ではなく、ごく簡単に何をしたかを記録するだけです。仕事が忙しいと読書や運動などの趣味に割く時間が少なくなり、私はやりたいことが全部できないと罪悪感を持ちます。皆さんも同様だと思います。簡単な読書記録は、自分の達成度や、仕事・忙しさ加減を把握する良い手段です。

 読書日誌をつけるには、小型の手帳や書き込みスペースのあるカレンダーがあれば十分です。いくつか英文記事を読むだけでも、一週間分のスペースは十分に埋まっていきます! (デボラ)

April 11.2014

English Reading Opportunities—Still Fun and Free?

After writing our book on e-reading, we began this blog to as a way to offer readers new ideas for reading that were “fun and free.”

 In our experience, English reading materials tend to be expensive. English-learners often buy expensive books that they are unable to finish.

 We want English learners to be able to find short, interesting articles for improving English skills. Rather than having a disappointing reading experience, we wanted learners to be “set for success.”

 Recently, though, some free English sources are less available. For example—my favorite—newspapers.  Most online newspapers offer limited access–about 10 articles a month—before a site is closed to a reader. While this is, of course, the only way newspapers and other publications can survive, it means that we must be more careful when accessing them.

Here is an example of a message from The New York Times:

You have read 9 of 10 free articles this month.

Try unlimited access for just 99¢ US.

写真 1[2]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Here are a few ideas for using your “free” articles more carefully.

(1)  First, access the website for a newspaper.

(2)  Next, read over the article titles.

(3)  Click only on articles you want to read.

(4)  Print or download the article if you cannot read it all at once or want to look at it again later.

 

 

 

December 13.2013

ミカエラ、福岡から日本の文化を英語と日本語で発信

Micaela Braithwaite is a twenty-five-year-old Canadian who came to Fukuoka in 2010. She began making videos about Japanese culture and was recently named mayor of Kawaii-ku, a virtual ward of Fukuoka City.

I read about her in the newspaper and then made a web search to find out more. I found the Kawaii-ku site to read about the Kawaii-ku concept, and then clicked on one of Micaela’s pictures to move to Micaela’s Room. There were messages in both Japanese and English. There were also several videos the “new mayor” has made about Fukuoka.

 Finally, I looked up Micaela on YouTube and watched a few of her other videos.

Micaela’s Japanese and English are both easy to understand, and who can resist such a “kawaii” young woman making clever and informative videos on Japanese culture? Personally, I’m ready to go visit the outdoor stalls in the video below!

 

December 1.2013

目力で英会話

最近のはやり言葉は「目力」。神戸では目力を使った違法駐輪対策の標識が、最近導入されました。

★“目力”で違法駐輪対策に効果 11月28日 15時3分 神戸市の繁華街に見張っているような人の目元をアップにした写真を使ったユニークな 看板が登場し、自転車の違法駐輪対策に効果を上げています。

スクリーンショット 2013-11-30 8.43.58

 

 

 

 

 

 

 

 

日本でも人間が目を合わせて(アイコンタクトで)、コミュニケーションをとる時代がきましたね。

ところで我々は目力、というか表情の力、つまり「あいきょう」で英会話のこつが学べる本を10月に出版しました。

スクリーンショット 2013-12-01 14.21.35

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

交通整理は無理でも、「目の力」で自分の意思を伝えたり、相手の意図が理解できたりするような英会話をしてみませんか。

November 5.2013

Steve Jobsの映画

Apple創始者であるSteve Jobsを主人公にした映画が11月1日から公開されています。主役を演じるAshton Kutcherは、髪型から、洋服、歩き方に至るまで巧みにJobsを真似ているので、カメラアングルによっては本物と見まがうほどのリアリティを出しています。映画はJobsがAppleを創業し、成功しつつも一度は会社から追われ、また復帰するまでの限られた時期を取り上げています。

ashton-kutcher-as-steve-jobs[1]

映画を観る前に、Walter IsaacsonによるSteve Jobsの伝記を読むと、背景が良く分かり、映像だけでは理解しにくい逸話の意味などがよく分かるでしょう。伝記の原書に挑戦したいと思っている方や日本語ですでに読んだ方は、キンドル版Steve Jobsのサンプルをキンドル・アプリでダウンロードしてみてください。Steveが里子に出され、里親に慈しみ育まれた子供時代から、高校でのSteve Wozniakとの出会い、そしてReed Collegeに進学するまでの話(Chapter 1から3の途中まで。写真も入っています)を読むことができます。Isaacsonの著述スタイルは平易で簡潔であり、非常に読みやすい英語です。

October 4.2013

あいさつ・あいづち・あいきょうで3倍話せる英会話

DeborahとKazukoによる3冊目の本をご紹介します。今度のテーマはコミュニケーション力を高める英語フレーズです。言葉の通じない外国で、あいさつ・あいづち・あいきょうだけでサバイバルしたことのある2人の体験を元に、英語の苦手な人でも「なんとか話せる」状況を作り、楽しい会話のきっかけを掴むのに役立つ英語表現を集めました。10月25日(金)に講談社より発売予定です。

アマゾンで予約販売が始まりました。

cover

August 8.2013

Meeting Hideko Ogawa, the Author of Little Keys and the Red Piano

(This article was originally published on the SCBWI Tokyo Translation Group blog.)

Little Keys and the Red Piano, an ebook translated from Japanese to English by Kazuko and Deborah, was written by Hideko Ogawa. Ms. Ogawa, a woman in her seventies, was active and sharp, passionate about her work, and determined to see it translated into English. Ms. Ogawa wrote Pianyan (Piano + nyan (or “meow”) ) to describe her own move from her hometown of Itogawa in Niigata to Tokyo. It was originally published by Kodansha in 1994. When we met her, she told us that it had been well-received and dramatized by small acting groups throughout the country—it was a story that resonated with adults who had struggled with homesickness layered on the excitement of life in the city.

スクリーンショット 2013-07-04 8.22.13

The three of us decided to meet in Tokyo, and Ms. Ogawa came equipped with the September-October 2011 issue of the journal Nihon Jido Bungaku (Japan Children’s Literature) with a special feature on children’s books in translation, which answered many of the questions we had, especially about how much we could revise a book to make it a more enjoyable read for an English speaking audience. (The article by translator Yumiko Sakuma—which I eventually hope to translate for this blog—was especially good.) Ms. Ogawa, an editor of the journal, was prepared to accept our proposed revisions in order to make good work of the translation. 写真[3]

Not only that, but she was busy taking photographs to illustrate the ebook version, promising a colorful final product that would give readers a good look at Tokyo. She eventually provided maps of Japan and of Shibuya in Tokyo, where much of the book takes place, and accepted links for interested readers to find out more. Little Keys and the Red Piano is now available on Kindle books due in great part to the author’s enthusiasm and unfailing cooperation.

You do not need to buy a Kindle reader to read Kindle books. To download a free reader for ebooks for your computer, tablet or smartphone, visit this page on Amazon.co.jp.

For more details on Little Keys and the Red Piano and how to use Kindle reading apps, see the One Chapter Reading Club blog.