One Chapter Reading Club

fun and free e-reading

eリーディングの世界へようこそ!ここには面白い本・楽しい英語との多くの出会いがあります。

Monday.March.28.2011

キンドル・アプリのNoteとHighlight機能を使って単語を覚える

キンドル・アプリの辞書機能」(March 15投稿)で説明した辞書機能は、リーディングにとても便利です。今日は、辞書機能に付随するNoteとHighlightの使い方を紹介します。

例として、The Facebook Effectの一文を挙げます。ここで私はdue diligenceという難しい単語の意味が分かりませんでした。

Yahoo’s lawyers were again conducting due diligence, getting ready for a deal. (Yahooの弁護士は、協定への準備のため再びdue diligenceを行った。)

1. まず分からない単語diligenceをタップすると、”careful and persistent work or effort”という定義がポップアップします(ここで左下画面の黒い[Note Highlight]表示にも注目してください)。「注意深く、粘り強い仕事と努力」という意味でしょうか。でもしっくりきません。

2. そこで、「Tip by Kyoko」(March 15投稿)で紹介したGoogle検索をしてみます。辞書定義の下にある青字のGoogleをタップします。するとGoogle検索画面に変わります(右下)。diligenceの意味のほかに、”due diligence”が経営用語であるとの検索結果が表示され、この文の内容にピッタリです。「デューディリジェンスンス」の説明をコピーします。

note & highlight_

diligenceコピー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3. [Done]をタップすると1の画面に戻ります。ここで[Note]をタップすると、入力欄が表示される(左下画面)ので、先ほどコピー  した「デューディリジェンスンス」の説明をペーストし[Save]します。これで自分のメモが作成できました

4.  この操作後、diligenceの横には、Note(自分が書いたメモ)があることを示す小さな青いメモの印が付きます。 さらにHighlightをタップすると、diligenceが黄色で表示されます。

5. 後で読み返すときこのNoteとハイライト表示は役に立ちます。ノートマークをタップすれば、自分が書いたメモが画面に現れ確認できるのです(右下画面)。

diligence note Due diligence

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NoteとHighlight機能は、読書の感想を書き込んだり、感銘を受けた部分を他の人と共有するために良く使われます。しかし、英語学習でも単語の意味や文法説明を書き込んだり、疑問点を書き留めておくのに活用できます。

 

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。