One Chapter Reading Club

fun and free e-reading

eリーディングの世界へようこそ!ここには面白い本・楽しい英語との多くの出会いがあります。

Wednesday.July.20.2011

ワンチャプターだけでも面白い本:Eats, Shoots, & Leaves

 by Lynn Truss   Level ★★★☆☆

今回、無料サンプルをキンドルアプリでダウンロードして読んだのは、“Eats, Shoots, & Leaves” (副題:The Zero Tolerance Approach to Punctuation)”です。これはイギリス人の著者が、句読点の話題のみで書き上げ、New York Timesのベストセラーになった本です。

eats, shoots, & eat

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本の冒頭で著者がCD‘s、VIDEO’s, DVD’s and BOOK’sと書いてある書店のサインに頭がクラクラしたという例があり、「英語が母国語の人もこんな間違いするのだ!」と思いました。正しくはCDs, VIDEOs, DVDs and Booksです(アポストロフィだと所有格です)。しかし似た間違いはいたるところで見かけます。

著者は、冒頭で自分自身をpunctuationに関してsticklerであると告白します。sticklerは「几帳面で、うるさい人」の意味です。「句読点オタク」の著者は、街を歩き回って見つけた変な看板やサインについて軽いタッチで紹介します。サンプル章でも、句読点一つで意味ががらりと変わる例をたくさん載せています。例えば、


A woman, without her man, is nothing.

A woman: without her, man is nothing.


小さな記号の種類と位置を変えるだけで、ほとんど正反対の意味になりますね!

ところで、本の題名もコンマ一つで意味が変わる文を元にしています。本の表紙を見て下さい。梯子に上ったパンダはEatsの後にコンマを入れています。そして銃を持ってどこかに去っていきます。さあタイトルの意味は何でしょう?


A panda eats, shoots & leaves. (コンマあり)

A panda eats shoots & leaves. 

 

意味の違いを考えてみてください。次回の記事で、タイトルの解説をします!

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。