One Chapter Reading Club

fun and free e-reading

eリーディングの世界へようこそ!ここには面白い本・楽しい英語との多くの出会いがあります。

Sunday.August.21.2011

Kindle Cloud Readerリリース

iPhoneやiPadにキンドル・アプリをインストールしている方は、アプリを開いたときAmazonのKindle storeにアクセスするボタンが消えているのに気がついたでしょうか?Appleの方針でアプリの中でAmazon.com書店へのリンクを張ることができなくなったのです。対抗手段としてAmazonはKindle Cloud Readerをリリースしました。これはブラウザ上(現在はSafariとGoogle Chromeのみに対応)で電子ブックを読むためのアプリで、当然書店へのリンクも付いています。普通にインターネット・ブラウザを使う要領でKindle Cloud Readerサイトにアクセスすると、そこで自分が購入したキンドルブックを読むことができます。SafariやChromeユーザーならば、iTunesアカウントを使ってApp storeからアプリをインストールする必要がないわけです。

 Kindle Cloud ReaderのURL:http://read.amazon.com

 amazon cloud reader

 

Kindle Cloud Readerのサイトにアクセスすると、上記の画面が表示されます。[Sign in to get started >]の黄色ボタンをクリックしてください。自分のメールアドレスとアマゾンのパスワード(新規または既に登録済みのパスワード)を入れることができます。Kindleを既に利用している場合は、今までに購入した本がLibrary画面に表示されます。

 __

ここで本の表紙をクリックすれば読むことができます。右クリックするとOpen BookとDownload & Pin Bookというボタンが表示されます。Open Bookを選べばサーバーに本を置いた状態で読めます。Download & Pin Bookを選べば、選択した本がデバイスにダウンロードされるので、オフラインでも読み続けることができます。

Kindle Cloud Readerの”Cloud”は何を意味するかというと、サーバー上の本をその状態で読めるということです。オンラインであれば本をダウンロードせずにすみ、Amazon.comのアカウントさえあれば、デバイスに依存せずSafariやChrome上で購入したキンドルブックをいつでもどこでも読めるようになります。

 Kindle Cloud Reader appにはKindle for iPhone/iPadと同様に、文字サイズや色など画面表示を設定できる機能があります。また他のデバイスとの同期もできます。残念ながら、eリーディングに欠かせない英英辞書機能は付いていません。既にキンドル・アプリを入れたデバイスを持っている人は、わざわざCloudで読む必要はないでしょう。しかしWebブラウザで、自分のキンドルブック・ライブラリの中身をいつでも見られるという自由度が増します。

 

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。