One Chapter Reading Club

fun and free e-reading

eリーディングの世界へようこそ!ここには面白い本・楽しい英語との多くの出会いがあります。

Wednesday.November.9.2011

“Slumdog Millionaire”の原作『Q & A』 by Vikas Swarup

Level ★★★☆☆

Kazuko is in India right now–on a safari! Before she left, she read Q & A, a book about India that became the award-winning film, “Slumdog Millionaire.” We were both fortunate to be able to meet the author of the book at the Japan Writers Conference in Kobe last month. Here is Kazuko’s report.

皆さんは映画「スラムドッグ$ミリオネア(Slumdog Millionaire)」をご覧になったことがありますか?ムンバイのスラムで生まれ育った無学な少年が、人気のTVクイズ番組で難問に次々正解し勝ち進んで大金を手にする、という痛快な筋の映画です。今回私が読んだQ & Aはこの映画の原作です。作者Vikas Swarupはインド人外交官で、現在は神戸-大阪地区の領事を務めています。

本を読むきっかけは、先月神戸で参加したJapan Writers Conferenceで作者のトークを間近で聴いたことです。知的でハンサムなSwarup氏は、自作の数ページを朗読したあと、どのような経過で本を書くに至ったかを話してくれました。外交官が本職であるある彼は、驚いたことにデビュー作Q&Aをたった2か月で書きあげ、first draftのまま編集者に渡したそうです。構想には時間をかけたけれど、”I have been arrested. For winning a quiz show.” という冒頭の一文が浮かんだ後は、ストーリが自然に湧き出でてきて後は書き留めるだけだったということです。Swarup氏のマシンガン・トークを聴いているだけで、彼がいかに生まれついての語り部(storyteller)であるかが分かりました。トーク後質問セッションに入り、聴衆の一人が「物語のインスピレーションはどこから得ますか?」という質問をしました。Swarup氏はこう答えました。「インドには多種多様な人々の混沌とした営みがあり、毎朝新聞を読むだけでいくらでも面白いネタを仕入れることができるのです。もし私が、例えば、アイスランドの中流階級社会に住んでいたら、こんなお話は語れないでしょう。

ピクチャ 1

 

 

 

 

 

 

トークを聴いて感激したので、その日のうちにKindleに本をダウンロードし読み始めました(欲しいときに本が即座に手に入る快感!)。興味のある方は、サンプルだけでもたっぷり一章分ダウンロードすることができます。Q & Aは作者のstorytellingの才能がフルに発揮された作品です。アラビアンナイトのお話のように、喜劇、悲劇、活劇、ロマンスが入り混じり、ときに荒唐無稽でありながら人間味に溢れ、読む人を元気づけるような展開になっています。映画をみて、その原作を読む(Slumdog Millionaireの場合、原作と映画は大幅に異なります)のリーディングもお薦めです。

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。