One Chapter Reading Club

fun and free e-reading

eリーディングの世界へようこそ!ここには面白い本・楽しい英語との多くの出会いがあります。

Friday.January.25.2013

キンドル大活用! 個人文書や英語のWebページを取り込む

キンドル端末には固有のSend-to-Kindle Eメールアドレスが付与されています。

         (名前)@kindle.com

このアドレス宛にファイル(ワード、PDF, HTML, JPEGなど)を送信し、キンドル端末やキンドル・アプリに取り込むことができます。つまりキンドルは電子書籍を読むだけではなく、個人の文書を保存し持ち歩くことにも使えるのです。

Send-to-Kindle Eメールアドレスは、文書の保存だけでなく新聞・雑誌記事などのWebページをキンドルで読むのにも使えます。当ブログでオンライン新聞サイト(New York Times, LA Times, Japan Times)を続けて紹介したので、これらの記事をキンドルに送る方法を(1)と(2)の方法で解説します。

 

(1)キンドルに個人文書を送る方法

Amazon.co.jpのトップメニュー「カテゴリーから探す」– Kindle — My Kindle

 

My Kindleでサインインすると、アカウントサービス・メニューが表示されます。メニューで「パーソナル・ドキュメント設定」を選び次の設定をします。

*Send-to-Kindle Eメールアドレスの設定:キンドルのアドレスが分かります。

*パーソナル・ドキュメントの保存: 「保存」を選びます。

*承認済みEメールアドレス一覧  

キンドルはここに登録したEメールアドレスからのみファイルを受信します。   自分が普段使っているEメールアドレスを登録します。

(Amazon.comを利用の方はKindle Personal Document Settings pageで同様の設定を行います。)

Personal document settings

これで登録したEメールアドレスから、自分のキンドル端末にファイルを送ることができます(ただし受信はWiFi環境)。

 

(2)キンドルにWebページを送る方法:Instapaperツールを使う

パソコンでWeb検索をしていて、「面白そうな記事だけど、時間がないので後で読みたい」と思うことがしばしばあります。Instapaperというツールを使えば、このようなWebページを保存し、自動的にキンドルに送信し、あとでゆっくり読むことができます。           

使い方は至極簡単です。最初にInstapaperのサイトでアカウントを作成します。

Step 1 Eメールアドレスとパスワードを入力する。

Step 2 Read Laterのマークを自分のブラウザのブックマークに入れる。

Instapaper

<キンドルへの配信設定方法>

Instapaperにログインする – Account — Manage my Kindle Settings

下記の画面が表示されたら、次の設定をします。

Step 1 Instapaperにログインしたまま、Amazon.co.jp (またはAmazon.com)を開きMy Kindleにサインインします。

Step 2 (1)で説明した「パーソナル・ドキュメント設定」画面を表示したら、「承認済みEメールアドレス一覧」にInstapaperで表示されているアドレスを追加します。

Step 3   Instapaperの画面に戻り、自分の端末のSend-to-Kindleアドレスを入力します。

Step 4  Send my unread articles to my Kindle automaticallyにチェックを入れます。自動配信の時間等設定します。

 

 instapaper設定

これで終了です。少し面倒だと思われるかもしれませんが、いったん(1)の設定をすれば個人文書をキンドルに送信することが可能になります。(2)の設定をすれば、好きなWebページをキンドルにどんどんためてリーディング素材として活用することが可能になります。お手持ちのキンドルを使い倒しましょう!

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。