One Chapter Reading Club

fun and free e-reading

eリーディングの世界へようこそ!ここには面白い本・楽しい英語との多くの出会いがあります。

Friday.April.18.2014

English Reading Diary

Recently many colleges have introduced Extensive Reading programs for their English students. The idea is that reading large amounts—without stopping too much to use a dictionary—can make English learning quicker and smoother. Students keep track of their reading and submit it to their professors at the end of each semester. Colleges have a large supply of graded readers, etc. for students to borrow, but what can the non-student English learner do?

 I keep a simple diary of my work, reading, and other activities. I’m not good at writing a lot, so I just note actual activities. Some days I have lots of work to do and my hobbies—such as reading and exercise—are ignored. I notice that people, myself included, tend to feel guilty when we don’t accomplish everything we want to. A simple diary is a nice record of accomplishments and a good way to keep track of business and “busy-ness.”

 You can set yourself up for success by using a small pocket diary or a wall calendar with space to write. Reading a few articles a week will quickly fill it up!

写真 2[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

読書日誌の勧め

最近、多くの大学でExtensive Reading (多読)プログラムが導入されています。いちいち辞書を引いて少量の英語を精読するより、多くの英語を読むほうが早くまたスムーズに英語を学べるという考えからです。このようなプログラムでは、大量の貸し出し図書が用意され、学生は読書記録を付けて学期末に担当教授に提出します。学生ならばこのような動機づけを得られますが、一般人はどうすれば良いでしょう?

 私は日々の仕事、読書などの簡単な日誌を付けています。長い文章ではなく、ごく簡単に何をしたかを記録するだけです。仕事が忙しいと読書や運動などの趣味に割く時間が少なくなり、私はやりたいことが全部できないと罪悪感を持ちます。皆さんも同様だと思います。簡単な読書記録は、自分の達成度や、仕事・忙しさ加減を把握する良い手段です。

 読書日誌をつけるには、小型の手帳や書き込みスペースのあるカレンダーがあれば十分です。いくつか英文記事を読むだけでも、一週間分のスペースは十分に埋まっていきます! (デボラ)

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。